>

上手に資金調達を利用し、事業を成功させよう!

起業家の前に立ちはだかる最初の壁とは

資金調達で失敗しないための秘訣

起業を考えている方、資金運用に困っている方、様々な場面で資金調達が必要になります。
実際に資金調達の方法はたくさんありますが、方法がたくさんあるからと言って、どれでも簡単に借りれる訳ではありません。
まずは、投資する側の立場に立って、自分が提供できるメリットを最大限にアピールする方法を考えましょう。
また、資金調達には、即日可能なものから最低でも1~2ヶ月かかるものまであります。
公的な金融機関等で融資を受ける場合、申し込みから審査が下りるまで時間がかかるため、資金繰りが悪化してから申込をすると、審査に影響を与え、融資を受けられるまで会社が持たないなんてことにも繋がりかねません。
審査期間も見据えて、資金繰りが苦しくなる前に申請するとよいでしょう。
たくさんの情報が存在しますが、自らがしっかりと知識をつけ、自分に合ったものを活用できるよう準備しておきましょう。

投資家を納得させるコツと重要なポイント

お金を借りるためには、当たり前ですが、お金を貸す側の考えや意向を知り、それに応える必要があります。
投資するメリットを感じさせる内容と説得力、そしてもちろん、そのための努力が重要です。
そのためには、まず、何のためにいくら必要で、どのくらい売上が立つのかを綿密に練り、同業種のデータ分析から、確実性を感じる論理的なデータを提出することが必須です。
また、机上の空論にならぬよう、データ収集・分析の他にも、テストマーケティングや先駆者や同業種にパイプを作り、生のデータを見せてもらうなど、自らが行動して、計画がより具体的なものだという根拠を示せるかもポイントとなります。
内容が魅力的でも、しっかりとした計画がないと具体性にも欠けるため、数年先の計画までしっかりと立てることと、万一の時はどのように対応するかなども考え、相手に不安感を残さない準備も必要です。


この記事をシェアする